本文へスキップ

イノベーション経営法務行政書士事務所は、医薬事法務・建設業法務・経営法務の3つの企業法務面であなたのビジネスをサポートします!

TEL. 03-5980-8858

〒170-0012 東京都豊島区上池袋2‐11-4 Le Ciel

経営法務〜契約書管理等法務をサポートします

サービス一覧


当事務所の『経営法務』に関する代表的なサービスについてご案内いたします。
タイトルをクリックしていただくと、詳しい内容や報酬について、説明させていただきます。


契約書の作成・チェック
契約書は事前のリスク見極めが重要です。契約書の作成、内容確認について
古物商許可
中古品を扱う際には古物商許可が必要です。新規取得・維持・変更対応について
酒類販売業免許
酒類輸入・販売には免許が必要です。新規取得・維持・変更対応について
コンプライアンス・企業法
民法等基本法及び特商法等特例法の企業法務のアウトソーシングサービス
セミナー
起業する際のポイント、薬事法の基礎等、社内外で各種セミナーを実施します

経営法務に関する当事務所の特徴


 経営法務サービスにおける当事務所の特徴として、次の3点を紹介させて頂きます。

@ビジネスモデル自体をあくまで出発点としてから最適な手続き選択を検討・提案・サポート
A法務・財務・経営・CS。それぞれの
複合的な視点からの検討・提案・サポート
B法務のアウトソーシングによる、
コスト削減とコンプライアンスの同時実現

@市場活性化の観点から規制緩和が叫ばれていますが、許認可等行政対応実務の前線にいる者としては、確かに法令による大本の規制は若干緩和されつつありますが、行政窓口担当者による実務対応はむしろ逆で、締め付けが細かくなっているような印象を受けます。
 おそらく理由は「消費者保護」と、「反社会勢力対応」の二つ。そうなると行政手続きが必要な事業を始める場合は、法令に加えて行政窓口の規制方針も視野に入れて行動する必要がありますが、これは中々大変です。
 当事務所ではご依頼頂いた場合、いきなり書類作成にとりかかるのではなく、できるだけお会いして、まずはお客様のビジネスモデルや会社の背景についてヒアリングをさせて頂きます。そして
お客様のビジネスモデルにとって最適な手続きは何なのか、それに対してどのような規制があり、どのような方向で対応していけばいいのか、一緒に検討し最善策を提案させて頂きます。
 
A私ごとで恐縮ですが、アパレルショップや百貨店において最前線で顧客対応にあたった経験、経営コンサルティング会社で中小企業の社長と文字通り膝を詰めて事業計画を立てた経験、会計事務所で会計に携わった経験、法務事務所で契約書等作成業務を担当した経験等があり、幅広い対応力を意識的に積んできました。
 
「法律」・「経営(財務)」・「顧客対応」は全てつながっており、一体となって初めて機能する、というのが持論だからです。
 書類一枚を作るだけでもこの視点は必須であり、
「その背景にいかに多くのものを見たか」が業務の質を決めると言っても過言ではありません。常に複合的な視点からのサポートを心がけます。

Bコンプライアンス(法令順守)という言葉と意味が定着してきましたが、実際に自社にコンプライアンス専属部門または担当者を設置している企業様はまだまだ少数です。コンプライアンスの必要性は重々承知しているが、そこに十分な人員を割くまでの人的・金銭的コストの余裕がない、というのが実情ではないでしょうか。
 当事務所では、特定商取引法等の企業法対応、さらには契約書の作成・チェック等、
法務アウトソーシングサービスを行っております。また、第三者意見が必要な場合には、セカンドオピニオンという形でサポートいたします。
 これにより、
コスト抑制とコンプライアンスの同時実現を共に取り組みます。

バナースペース

イノベーション経営法務行政書士事務所

〒170-0012
東京都豊島区上池袋2−11−4
Le Ciel

TEL 03-5980-8858
FAX 03-6745-1779






はてなブックマークに追加

Clip to Evernote